#ボードゲームたのしいね

全作オススメ! 遊んで楽しかったボードゲームのことを、ボードゲーム作家が2人がかりで書き綴るご機嫌なブログです☺

人類には早すぎるカードゲーム『カスタムヒーローズ / CUSTOM HEROES』【120点】

f:id:tokyonakayoshi:20190606234101j:plain

大富豪や大貧民とか呼ばれる
よく親しまれたジャンルの

場よりも強いカードを出し合って
早く手札をなくすことを目指すタイプの

一見ありふれたカードゲーム

でもこ作品は、
いまの人類にはまだまだ
早過ぎるのかも知れない

 

どんなゲーム?

f:id:tokyonakayoshi:20190606234129j:plain

ランダムに配られる手札は
全てスリーブに入っている

ちなみにスリーブとは、
カードを入れるための
ビニールとかプラスチックの透明な袋

そしてプレイヤーは、手札に対し
ラウンドが始まる準備のタイミングに
スリーブの中のカードを重ねることで
進化させることができるんです

透明のカードを差し込むことで
単純にカードの強さの数字が足されたり
能力が書き加えられたりする

f:id:tokyonakayoshi:20190606234311j:plain

例えば「8」のカードに
「+5」のカードを重ねたら?

「13」のカードとして使えちゃうわけ!

もちろん数字が多いほうが強いカード

地味にイラストも変化してるの
分かりますかね?
剣を持ちました

そんな手札を使って
じゃんじゃん大富豪します

カードは1枚で出してもいいし
同じ数字なら複数枚出しもできる

複数枚出しは
他の人も合わせないといけないので

どうやってペアを作るか、
出していくかも肝かもしれません

早く出し終わった人から
そのラウンドの報酬が受け取れる

基本的には
勝った人が得点をもらえるし
負けた人が強化カードや
エネルギー?お金?を増やせる感じでした

ラウンドが終わるたび
全てのカードを集めて配り直します

つまり強化、あるいは
弱体化されたカードが
再配分されるんです

なにそれ

私が強くしたカード
他の人のものになるの??

すごいゲームだ

もちろん最後は
所定の得点を早く集めた人が優勝です

 

たのしいね、遊んだ感想!

f:id:tokyonakayoshi:20190606234900j:plain

私はこのゲーム
めちゃ気に入りました!

でも明らかに人を選ぶ、、、

 

もしかしたら
このゲームを遊び始めたら大体の人が
「あ、このゲームハズレやん」って
思うような気がする

なにせ手札が毎回ランダムだからさ
強化したと思ったら
他の人のものになっちゃうの
すごすぎ

だから強化したら有利になるのか
ならないのか

もしかして強くすると不利なのか
ぜんぜんわからない

作戦とか立てようがない気がするし
強化とかやりきらないうちにゲーム終わる

しかもさ
強いカードを作っても
1枚だとあんまたいしたことないし

とはいえ強化カードを余らせても
もったいないだけだから

このゲームやるからには腹くくってさ
作るだけ作るかーとか思ってやってみると

能力を使うのには
別途お金を要求してきたりする

えっ、お金かかんのかよ!!

めっちゃ笑える
なにこれ

 

でもさ、聞いて

私はさ、
このゲームの良さはさ

「未知」だと思うんですよ

なんだかわけわかんない
体験の豊かさ

味わう喜びがあります

 

ゲーム終わって、
「なんだったんだ今のは」
みたいな気持ちが芽生える

この気持ち!

 

f:id:tokyonakayoshi:20190607002612j:plain

もはや大富豪以上だし
とはいえ大富豪でもある

この予想外さは
かの有名な『フラックス』や
あるいは『ピニャピラータ』に
通じるものがありますね

ダラダラこれだけ
延々と遊びたいやつ

 

スリーブにいれてカードを
強化するようなアイデアの部分で
まじめな遊びを味わいたいなら

同じ作者の『ミスティックベール』を
選ぶのが無難そうではありますけど

私はこの『カスタムヒーローズ』
買って手元に持っておきたい
欲しい~

同じことを繰り返し遊ぶ系を
やりたいタイミングってありますよね

同好の士と遊べるなら楽しいよなー

 

あとさーこのゲーム
海外版もパッケージに
カタカナがドーンなんですよ

でもそっちは中身が英語だから
買うときは一応気をつけて

 

カスタムヒーローズ / CUSTOM HEROES
2-6人用 / 14歳以上 / 45分
Designer: John D. Clair
Publisher: アークライト(日本語版2018)

 

f:id:tokyonakayoshi:20190101111512j:plain
この記事を書いたのは、まこと