#ボードゲームたのしいね

全作オススメ! 遊んで楽しかったボードゲームのことを、ボードゲーム作家が2人がかりで書き綴るご機嫌なブログです☺

『サンクトゥム』気楽な旅路の果てに訪れる、唐突な生命の危機!?【100点】

f:id:tokyonakayoshi:20201129052305j:plain

デーモンロードを倒すために
集まった私たち

とはいえ特に力を
合わせるようなことはなく
のんきに旅して回るうちに
巨大な悪に立ち向かう

 

デーモンを倒すたびに
ドンドン強くなる
自分だけのキャラクターで

果たして宿敵 "マルガザール" を
やっつけられるのか!?

 

【目次】

 

どんなゲーム?

f:id:tokyonakayoshi:20201129052401j:plain

いきなり始まるのは
デーモンロードの潜む
最後の神殿までの長い旅路

なんとすごろくのように
マスを歩きながら
ゲームが進行します

マスを進むと
必ず新しいデーモンと出会う
そして自分を追いかけてきます

公開されている中から
倒したい敵を選んで手元に置く

自分を追いかけているデーモンと
好きなタイミングで戦ったり

好きなタイミングで
休息したりしているうちに

キャラクターが
ぐんぐん成長します

旅路の果て、
ゲームの最後には
みんなでラスボスと戦います

 

というわけで
旅の終わりまでの
手番にできることは

①移動
②戦闘
③休息

の3アクションのうち
どれかひとつだけです

ひとつひとつ見ていきましょう


①移動

f:id:tokyonakayoshi:20201129052650j:plain

移動を選んだら、
自分のキャラクターコマを
最も先頭に進んでいる
他の誰かのコマの
1つ先のマスまで動かします

もし自分が先頭なら、
1マス進むだけ

コマを動かしたマスの足元を見て
描かれている強さのデーモンを
マップに登場させます

デーモンは必ず
1~2体のチームで現れる

いま出会ったデーモンか
すでに場に出ていたデーモンか

その中から好きな1組を選んで
自分の個人ボードに置きます

これが、そのデーモンたちが
自分を追いかけてきている
状況ってわけ

デーモンは強さや
属性で選んでもいいし

倒すと手に入る
装備のタイプだけは
予め分かっているから

自分が欲しい装備で選んでもいい

好きに選ぼう

 

②戦闘

f:id:tokyonakayoshi:20201129052810j:plain

戦闘を選ぶと、
自分を追いかけている
デーモンと戦う事ができる

自分の手持ちのサイコロを
全て振りましょう

デーモンごとに指定されている
出目を埋められたら
そのデーモンを倒せます

キャラクターの持ち前の能力や
成長して獲得した技能

はたまた装備している武具によって
操作できる出目が増えていく

倒し損ねたデーモンがいたら
攻撃されてしまうので
可能なら防御を試みる

防御しきれなかった分だけ
自分の生命力が削られます

生命力がなくなると
そのプレイヤーは脱落します

f:id:tokyonakayoshi:20201129052838j:plain

全員が死ぬと
ゲームの勝者がいなくなる

この話、厳しいように
聞こえるかもしれませんが

説明書にはっきりと
よほど軽率な人でない限り
この旅路で死ぬことはない

と書かれていますし
遊んでみればわかりますが
実際その通りだなと思う

倒せた敵の強さに応じて
キャラクターのレベルが上がるので
能力を成長させる操作を行います

それが済んだら
デーモンのカードを裏返してアイテム化

ひとまずカバンにしまいます

 

③休息

f:id:tokyonakayoshi:20201129053057j:plain

プレイヤーは好きな手番に
休息を選ぶことができます

どんなにたくさんの
デーモンに追いかけられていても
休息OK

戦闘でアビリティを使うたび
減った体力や気力のトークンは
休息で回復することができます

また休息を選んだ手番には
手持ちの装備品を自由に
装備したり外したりしてよい

カバンの中から身体の部へ
入れたり出したりして悩む

強い装備ほど、
装備コストとして
ジェムトークンが
必要になることも
悩ましさに拍車をかける

装備品を着脱できるのは
休憩中のみであり

敵を倒しただけでは
装備できないので注意!

 

デーモンロード

f:id:tokyonakayoshi:20201129052940j:plain

そんなこんなでゲームが進み
誰かが最後のマスに到達すると
デーモンロードの脅威に晒される

全員が最後の戦いに
挑むことに同意したら
いよいよマルガザール戦の始まりです

マルカザール戦は
各プレイヤーごとに9連戦

倒せる順序が決まっている上に
未到達の全ての敵カードから
攻撃を受けることになる

9連戦なので
なんと受けるダメージが
即死クラスでした

いきなりめちゃくちゃ
苛烈な戦いに放り込まれてる

君は生き延びることができるか?

ちなみに今回遊んだ4人中
2人が道半ばで倒れてしまいました

初めて遊ぶから仕方ないね?

マルガザールを打ち倒し
見事に生き残った者の中で
もっとも生命力を残せたやつが
ゲームに勝利します

 

たのしいね、遊んだ感想

f:id:tokyonakayoshi:20201129053118j:plain

ファンタジーな見た目と
豪華なボードをしているので
すっかり騙されましたけど

このゲーム
すっごいパズルです

すごろくをしながら
サイコロのやりくりを
考えるパズル

どの敵を
個人ボードに置くか

倒した敵で
どう個人ボードを潤すのか

などなど

楽しい悩みが盛りだくさん

やや細かいルールがあるので
初回プレイは時間がかかりましたが

これは2回目からは
たった1歩を進めるたびに
とっても悩ましいゲームでしょう

f:id:tokyonakayoshi:20201129055110j:plain

様々なキャラクターの
成長ぷりが味わえるし

すごろくは
楽しいに決まっているし

たくさん振れるサイコロの
出目を好き放題できるし

考えどころがきちんとしてるし

これは意外と

いや意外とというと
失礼に当たるのかもしれませんが

これはいわゆるユーロ
すごくユーロっぽい
ボードゲームでした

テーマで選んだ人は
大満足のゲームでしょうし

テーマで選ばない人も
ぜひ一度遊んで見て欲しい

とても面白かったです

 

サンクトゥム / SANCTUM
2-4人用 / 12歳以上 / 約90分
Designer: Filip Neduk
Artist: Jiří Kůs, Ondřej Hrdina, Jakub Politzer, František Sedláček
Publicher: 日本語版 ホビージャパン(2020)

Sanctum | Board Game | BoardGameGeek

 

 

f:id:tokyonakayoshi:20181215001341j:plain

この記事を書いたのは、まこと