#ボードゲームたのしいね

全作オススメ! 遊んで楽しかったボードゲームのことを、ボードゲーム作家が2人がかりで書き綴るご機嫌なブログです☺

キャラを作って星を集めて、自分だけの人生を味わおう『ロールプレイヤー』【120点】

f:id:tokyonakayoshi:20200913153937j:plain

ロールプレイングゲームで
キャラ作りが好きな人は
いませんか?

例えば、
「ウィザードリィ」や
「世界樹の迷宮」をやる時に
気に入るパラメータが出るまで
やり直す人とか

ソーシャルゲームで
納得できるまで
リセマラする人とか

あるいはTRPGで
キャラクターを作っただけで
満足するタイプの人

そんなあなたに朗報です

このゲームなら、
そんなキャラメイクの
ところだけを遊べますよ

ついでに
そのキャラクターの
人生を星の数で評価して
勝ち負けも付けられます

 

 

このゲームを2年前に遊んだ記事▼
いちばん良いキャラを作ったら勝ち!『ロールプレイヤー』【120点】 - #ボードゲームたのしいね

 

どんなゲーム?

f:id:tokyonakayoshi:20200913154058j:plain

ファンタジーの世界観で
キャラクターを作成します

そのキャラクターが
人生で幾つの星を取れたかを
確認するゲームです

 

プレイヤーは
それぞれひとりずつの
キャラクターを担当する

どうすれば星が取れるかは
キャラクターの設定として
ゲームごとに示されます

そんな理想を
どのくらい形にできるか

あるいは逸脱した部分を
評価に変えられるか

プレイヤーの
腕の見せ所となります

 

キャラクターの作成は
いくつかの段階に分かれている

ゲームの初めには
どんな種族かを選びます

人間なのか

あるいは
ファンタジーでおなじみ
ドワーフやエルフなのか

 

f:id:tokyonakayoshi:20200913154207j:plain

私は今回のゲームでは
「ハーフリング」を選びました

そして種族の次は
職業や生い立ちの設定を決めます

今回は「ローグ」で
「熱愛者」になりました

最後に属性も決めます

属性は、性格や
行動規範を表す

今回は「保護者」になりました

 

次に初期ステータスを
決めましょう

サイコロをバッグから
適当に引いて振ります

初期の引く個数は
プレイ人数によって変動

この日は3人で遊んだので
7つずつ振りました

ステータスのサイコロは
6つの能力ごとに3個置けます

横行3個のサイコロの
出目の合計がゲームの最後に
その能力の値になります

初期ステータスを並べたら
ゲームの準備が完了です

 

f:id:tokyonakayoshi:20200913155430j:plain

ゲームが始まったら
毎ラウンド、
サイコロをひとつ取っては
置きたい場所に当てはめて

何かお買い物したなら
カードを所定の位置に置く

お買い物では
武器や防具だけでなく
キャラクターの特徴や技能も
手に入れることができます

技能はゲーム中の
サイコロ調整に役に立ったり
特徴は星集めに恩恵が合ったり
といった具合

もちろん武器や防具も
様々な効果を持ちます

 

f:id:tokyonakayoshi:20200913155116j:plain

ラウンドを繰り返してると
キャラクターボードが埋まり
やがてゲームは終わる

あなただけの
キャラクターが出来ました

職業や設定、属性、
特徴や武器防具を見て
自分のキャラクターが
いくつの星が得られているか
数えましょう

多い人が勝ち

 

もちろん
いま出来上がったキャラクターは
まだその人生の途中

星の数も
どこかいつかの一瞬だけを
切り取ったものでしかない

この先にあなたが
そのキャラクターの物語を書いたり
あるいは他のゲームで遊ぶ時に
登場させたなら

まだまだどんどん
成長もしていくのでしょう

 

たのしいね、遊んだ感想!

f:id:tokyonakayoshi:20200913155142j:plain

ゲームがすすむにつれ
どんどんキャラクターの
ディティールが分かってきます

たとえば今回は
「ハーフリング」という
草原種族を選びましたが

おそらくホビットとか
グラスランナーとか
その類でしょう

さらに「ローグ」こと
風来坊な職業なわけなので
アウトローな生き方を
してるかもしれません

また「熱愛者」として
1人息子がいることを
明らかになっており

しかもその子は
業病で苦しんでいる!?

その子を救うためなら
なんでもやる!という覚悟で、
冒険に出ていることが伺えます

そのためか
「保護者」という属性です

きっと一緒に旅する
仲間たちのことも

なんだかんだ言いながら
見守ったり助けたりする
憎めないやつなんでしょう

 

といった自己紹介を、
準備が終わり次第
交わしておくことで

このゲームを遊ぶ気分が
しっかり盛り上がるので
おすすめです

 

ゲームが始まったら、
追加の特徴や技能を手に入れたり
装備を整えたり

能力差が決まることで
より深掘りしていきましょう

私はまず技能カードの
「曲芸」を買いました

きっと斥候とか盗賊とか
そういう役目をするんでしょうね

そうなると武器は
動きを妨げないような
「短剣」とか「スリング」とかでしょうか?

 

f:id:tokyonakayoshi:20200913161029j:plain

ゲームが終了し
「勇敢」で「愚か」で「虚弱」
という特徴も追加されました

技能で「捜索」したり、
「スリ」したりするのは
キャラのイメージに合いますね

「保護者」気質なので
治癒とかも身につけたんでしょうか

結局武器は手に入れられず
「革の脛当て」と
「肩当て」のみで行動してる

身軽に動きながら
投げナイフとか使うタイプかも
しれませんね

あるいはムチとか?

最終的に落ち着いた属性は
秩序さもややありそうな善です

職業は悪っぽい
ローグかもしれませんが

息子のために
心を入れ替えて
頑張ってるのかも?

筋力と敏捷は
最大値まで育ちましたが
いかんせん「虚弱」を満たす
低耐久値なのは弱点に違いない

知力も魅力もそこそこあるけど
知恵が全然なくて「愚か」なのは
もしかしていいやつなような気もしてくる

だんだんこのキャラを知るのが
楽しくなってきますね

 

ゲーム終了の時点で
このキャラが得られた星は26個

1位にはなれなかったけど
まだ人生は続くから大丈夫

 

ロールプレイヤー / Roll Player
1-4人用 /10歳以上 /約60-90分
Designer: Keith Matejka
Artist: JJ Ariosa, Luis Francisco
Publicher: 日本語版 アークライト (2018)

Roll Player | Board Game | BoardGameGeek

 

 

f:id:tokyonakayoshi:20181215001341j:plain

この記事を書いたのは、まこと