#ボードゲームたのしいね

全作オススメ! 遊んで楽しかったボードゲームのことを、ボードゲーム作家が2人がかりで書き綴るご機嫌なブログです☺

いちばん良いキャラを作ったら勝ち!『ロールプレイヤー』

f:id:tokyonakayoshi:20181227030506j:plain

TRPGで最も面白いのは
キャラクターを作ってる時!!
だと、思いませんか?

もちろん他にも
面白いことはあるんですけど

これからはじまる冒険に
ワクワクしてるあの瞬間こそ
最強だと思うんですよね

デジタルなゲームでも
「ウィザードリィ」みたいに
キャラ作成やエディット機能がある
作品ってかなり人気ですよね

そんなわけで、今回紹介するのは
自分のキャラを作るだけのゲームです

 

どんなゲーム?

f:id:tokyonakayoshi:20181227031124j:plain

キャラクターを作ったら終わり

ゲーム的には勝利点を比べるけど
もはや勝敗とか
どうでもよくなっちゃう

まず初めに自分の種族を決めましょう
対応する種族ボードを受け取ります

人間もあるし、
ファンタジーものには定番のエルフとか
デミヒューマンや
モンスター的なやつなんかがいる

もちろんそれぞれの種族によって
ステータスにやや差があります

裏表で男女?を
切り替えられるところも
芸が細かくて楽しい

ボードにボコボコ
空いている穴のマス目に
サイコロをはめていくことで
能力値を割り振っていく仕組みです

基本的には
サイコロの目が大きいほど
能力値が高くなるけど

勝利点を稼ぐには
低い目で抑える必要が
あったりもする

f:id:tokyonakayoshi:20181227031202j:plain

目標値となる能力の数値は
最初に引いた職業カードで決まるし

さらに設定カードを引いて
どの位置にどの色のサイコロが
置けたら得点ボーナス!
みたいなパズル要素的な特典もある

さらに性格を表すような
属性でも取れる点数が変わってくるので
選ぶ武器とかスキルとかの
プレイの傾向が左右されることもなります

遊び方はラウンドごとに
交代でサイコロを振って

手番カードに配置する
先の手番ほどサイコロの目が小さい

1人1つずつ
サイコロを選んでは
どこかのステータスに配置して

配置場所の効果を
使ったり使わなかったりして
出目を調整したりしながら
キャラ作成を進めていく

全員がボードのすべての穴に
サイコロを配置できたらゲーム終了
得点計算をします

でもキャラが作れちゃうんだから
プレイできたら勝ちみたいな気分

 

たのしいね!

f:id:tokyonakayoshi:20181227031144j:plain

種族と職業、出自に属性
もはやこのキャラクターで
TRPGを始められてしまう

まあこのゲームはキャラ作ったら
終わっちゃうんですけど

わたしは今回
「ドラゴンキン」と言われる
竜人を選びました

職業は「バーバリアン」
人間が蛮族と呼ぶ一族の末裔

設定は「貴族」だったので
伝統ある家に生まれ
たぶん伝説のモンスター、
竜の討伐を志す若者

属性は「悪党」なので
蛮族設定も活きてくる
人間から悪人と
呼ばれるその所業も
全ては竜を屠るため!

なんて設定??

はー
屠竜人になりたい!

はー
もう勝ち
この時点で勝ち

だってゲームの準備の段階で
もう設定できちゃったもん

そのあとにパラメータまで
いじれるなんて

はー
最高のゲームでは?
作ったキャラでTRPGを遊びたい

全体的にムカつくシステムも
ストレスを感じることもなく
ワクワクが持続するゲーム

日本語版を出して頂き
ありがとうございます

続編では作ったキャラクターで
モンスターと戦えるとか

なんてことだ

そちらもぜひ日本語版を
よろしくお願いいたします

 

ロールプレイヤー / Roll Player
1-4人用 /10歳以上 /約60-90分
Designer: Keith Matejka
Publicher: 日本語版 アークライト (2018)

 

f:id:tokyonakayoshi:20181215001341j:plain

この記事を書いたのは、まこと