#ボードゲームたのしいね

全作オススメ! 遊んで楽しかったボードゲームのことを、ボードゲーム作家が2人がかりで書き綴るご機嫌なブログです☺

簡単で奥が深い、裏向き一斉出しのど定番『ハゲタカのえじき』

ハゲタカのえじき (Hol's der Geier) 日本語版 カードゲーム

ど定番です!

4〜6人で遊ぶ
簡単なゲームを探してるなら
ぜひこの作品を遊んでみて欲しい

 

どんなゲーム?

1〜15までの数字を1枚ずつ持ってます

せーのっ!で
みんな一斉に出したら
1番大きい数字を出した人が
得点カードを持っていけます

数字でやるじゃんけん
みたいなルール

でも気をつけて!
もしおんなじ数字を出して
他の誰かと「あいこ」に
なってしまったら

その数字を出してる人だけが
無視された状態で
1番高い数字の人が
得点カードを貰っちゃう

もらえる得点もたまには
マイナス点が混じってたりして

マイナスの時は
1番低い数字を出した人が
引き取ります

この時も「あいこ」が起こるので
気をつけないと高い数字を出したのに
うっかり引き取らされたりする羽目に

 

たのしいね、遊んだ感想

裏向き一斉出しのゲームは
たくさんあるけど

このハゲタカほど
ちゃんと遊べるゲームは
ほとんど観たことがない

それだけ簡単そうに見えるけど
めっちゃよく出来たゲームってこと

得点カードも15枚
自分の出せるカードも15枚

どこかのタイミングで
どのカードも使うときがくる

でもいつ使う?
この数字はいつ切る?

みんなの思惑が重なるから
盛り上がる!

 

ボードゲームを始めて遊ぶ時って

あーわたしなんにもわかってないから
間違ったらどうしよう

とか不安に思いがち

でもこのゲームは
なんとなくみんなで一斉に出すだけだし
盛り上がる瞬間もまあ一緒!

だから一緒に遊べてる
一体感もあるし

恥ずかしくなくて
ずっと楽しめちゃう

一回は15分くらいで終わるから
「もう一回やろ!」ってなるし
いざ二回目をやったら
「さてはさっきと同じ手でくるな?」とか
見えてきて余計たのしい

簡単で奥が深いゲームって
こういうことでは?

 

ハゲタカのえじき
2~6人用 / 8歳以上 / 約20分
Designer: Alex Randolph
Publicher: 日本語版 メビウスゲームズ

 

f:id:tokyonakayoshi:20181007222224j:plain

この記事を書いたのは、まこと