#ボードゲームたのしいね

全作オススメ! 遊んで楽しかったボードゲームのことを、ボードゲーム作家が2人がかりで書き綴るご機嫌なブログです☺

カナイセイジさん作『文絵のために』の衝撃!

f:id:tokyonakayoshi:20180916020314j:plain

2017年春のゲームマーケットで発表された、
カナイセイジさん作の同人ゲーム

イベント直後のタイミングで
遊んだときの記録

写真は撮り忘れたので
なかよしさんから借りました

 

このゲームは
イベント当日の朝に
完成したとか?

 

こんな当日朝のアナウンス
これだけを頼りに買い求めました

https://twitter.com/KanaiSeiji/status/863534837348433920

販売されていたのは
印刷されたペラペラの紙の状態

自分で切って
カード状にしてから遊ぶ

同人の醍醐味がありました

 

https://twitter.com/KanaiSeiji/status/863541625187782656

どんなゲーム?

文絵を救うことを目的にした
2人用協力ゲームでした

手番ごとにカードを
引いてプレイする

だいたい書いてある通りに
動かしていればゲームは進んでいく

ときどき下さなければならない
選択肢が明暗を分けていく

物語性がとても強く、
ゲームのシステムがそのまま
ストーリーの揺らぎに影響を与える

ままならない意思伝達で
協力する様も含めて物語力が高い

 

たのしいね:遊んだ感想とレビュー

最高でした!

他のゲームで
やや脳みそが疲れた状態で、
なかよしさんと2人プレイ

ルールや記述の解釈を相談しつつ
「あーだ」「こーだ」
言いながら遊びました

初めて遊んでから
展開を変えてみたくて
直後にもう一回遊びました

まさにタイムリープ

ゲームのルールを読んだ上で、
何をしたらいいのか
手探りで探る部分も含めて楽しかった

文絵を救いたい
まさに武雄の気持ち

ゲームを遊ぶと物語ができる!
というシステムも楽しかった

 

なかよしさんも同じゲームについて書いています▼

tanoshi-ne.hateblo.jp

 

#文絵
#ボードゲーム
#カードゲーム
#ナラティブ
#ストーリーゲーム
#物語性
#カナイセイジ
#美幸

 

▼その後、製品版が発売されています!

文絵のために
2人用 /14歳以上 /約15分
ワンドロー(2018)