#ボードゲームたのしいね

全作オススメ! 遊んで楽しかったボードゲームのことを、ボードゲーム作家が2人がかりで書き綴るご機嫌なブログです☺

トラウマと砲弾と友情『グリッズルド』

f:id:tokyonakayoshi:20181018234240j:plain

戦争って
辛くて大変で

友との友情があったら
それはとてもあたたかいよね

日本語版になってから
改めてプレイする機会がありました

 

『グリッズルド』ってどんなゲーム?

f:id:tokyonakayoshi:20181018234308j:plain

みんなで協力して
塹壕戦を乗り切ろう

クリスマスにはひと時の癒し

寒さや闇が怖くて
硝煙の臭いは憎くすらある

毎回毎回
カードを出せるなら出す

出していくと
嫌なトラウマ的要素が出てくる
トラウマは6種類あるけど、
その要素が手元に3つ並ばないようにする

でもそんなにはうまくいかない

もう出せない!と思ったら
戦線から撤退する

撤退するときに
他の人をサポートする

でも最多条件を満たせないと
サポートは受けれない

必然的に
そのとき1番心がささくれてる人や
貢献度が高い人が
最多サポートを受け取りがち

そんなに頑張っても
出せなかったカード分は
試練の時間が伸びて行くので

ああ
戦争が終わらない

 

たのしいね、遊んだ感想

f:id:tokyonakayoshi:20181018234253j:plain

戦争が無い時代を生きてて
ほんとに良かった

平成はきっと戦争がない日本で生きてた

このゲームは絵も特徴的で
一見穏やかな
優しいゲームに見える

でもジワジワと
迫ってくる絶望感のゲーム

理不尽さ

それが妙に
ゲームから現実への影響を感じて
没頭してしまう

難易度は高く
何なら説明書を読み解くのも
困難だったりするんだけど

そのくらいのハードルを
越えられるくらいの人でないと
このゲームを味わえないって
ことかもしれないなって思う

ゲーム中、
たのしいー!という感じはなくて
ひたすらにつらい

辛い辛いと
いっている時間に没頭する

戦争の辛さって
肌身では知らないけど

きっとこういうことかな?
みたいな気分になります

グリッズルド / The Grizzled
2~5人専用 /14歳以上 /約30分
Designer: Fabien Riffaud, Juan Rodriguez
Publicher: 日本語版 グループSNE (2018)

 

f:id:tokyonakayoshi:20181007222224j:plain

この記事を書いたのは、まこと