#ボードゲームたのしいね

全作オススメ! 遊んで楽しかったボードゲームのことを、ボードゲーム作家が2人がかりで書き綴るご機嫌なブログです☺

墓荒らし系すごろく『ルクソール / Luxor』

f:id:tokyonakayoshi:20180930170039j:plain

こんにちは
すごろく大好き、まことです

なぜ古代エジプト人は
巨大な遺跡を作ったのだろうか?

しかもその中に
財宝をたっぷりいれていたりする

有力な説では
王を奉る為の墳墓だったとか

この「ルクソール」は
そんなお墓みたいな遺跡に潜って
ひたすらお宝を探す

罰当たりなすごろくです

 

どんなゲーム?

f:id:tokyonakayoshi:20180930170049j:plain

コース最奥のゴールにある
もっとも価値のあるお宝を目指しつつ

途中で各所にあるお宝も集めつつ

価値あるスカラベも拾いつつ

部屋ごとに割り振られた点数も狙いつつ

できれば謎のセットコレクションを揃えつつ

うるせー!
得点要素が多すぎるわ!!!

 

あとこれもよくあるやつなんだけど
謎のセットコレクションは
ほんまになんなんや!

謎のセットコレクションとは?

偏ってしか集められなさそうなアイテムを
特定のラインナップで揃えると
なぜか追加得点になるような要素のこと!!

うん

 

f:id:tokyonakayoshi:20180930170102j:plain

とはいえやり始めたら
ゲーム自体は割と簡単だった

手札が5枚あり
その順番は並べ替えられない

自分の番には
手に持った5枚のうち
右端か左端のカードを選んで使う

使ったら書かれてる歩数分歩ける
歩くことに関わらないカードはないので
最低でも1歩は歩く

歩いたら止まった場所で
お宝が貰えるかを見る

貰えたら手元にもらう
貰えなかいならそのまま何も起こらない

手番の最後にカードを補充する
新しいカードは手札の真ん中へ

これの繰り返し

あと途中で自分のコマが増える

ゴールに誰か2人が
たどり着いたら終わり

 

たのしいね:遊んだ感想

f:id:tokyonakayoshi:20180930170234j:plain

この日は4人で遊びました!

手札とコースを見ながら
先々の計画を練りたいすごろく

右端か左端はすぐに使える
その1枚手前は次の番に使える

真ん中のカードが使えるのは
早くて次の次だ
右か左かどちらから
引けるようにするか選択が重要

かと思えば
最初は2体しかいない自分のコマも
どんどん増えて
最終的には4体とかになる

このうち1つしか
動かす時には選べない

 

それにしても情報量多すぎ!!!!

まずカードは2択に見せてさ
実はその次のカードも
関わってきてるから
4択みたいなもんじゃない?

かつそのカードを使う対象も
4コマのうちどれかだから4択じゃない?

しかも財宝がなくなったマスは
マスじゃなくなるから

次の自分の番に予定してた
歩数の計画が崩れることは
よーーーくある!

ふっざけんな!!!
そのお宝とられたら困るやろ!!
困るんですよ
困る

なんならそのお宝は
私がほしかったやつだし!!

っっやるしかない!

ってのが楽しかったです

なにそれ

ほんまに楽しいんか

つたわるんかこれ

 

f:id:tokyonakayoshi:20180930170130j:plain

ルクソールの遺跡には何故か
アクセサリーやツボ
そして神?の像?があり
それらがお宝

書かれている価値が
そのまま得点になる

コマ1つで取れるお宝もあれば
2つ、3つと必要なお宝もある

なおこの神?は今回のゲーム中
落ち武者と呼ばれていた

このお宝を3種類集めるともらえる
謎のセットコレクション得点のために
欲しいお宝を狙ってコマをちょこちょこ
ちょこちょこちょこ動かす

不思議なすごろくだった

 

謎に要素が多いとはいえ
ゲーム慣れしてる人なら
そんなに複雑な組み合わせでもなく
見通しもいいといえる

他の人からの影響とか
ダイスやカード引きによる
ランダム性もあってなかなか適度な
ままならなさになっている

45〜60分くらいじーーっくり
お宝すごろくできるのは
満足感も高い

ダラダラやりたいゲーム!

 

ルクソール / Luxor
2~4人専用 /8歳以上 /約45分
Designer: Rüdiger Dorn
Publicher: Queen Games (2018)

 

f:id:tokyonakayoshi:20180924115918j:plain

この記事を書いたのは、
ピラミッドパワーを感じたい、まこと